KARi'S ME!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腦殘

千葉私立中高 解答ミスで「首つり」の絵 生徒自殺後も (7月22日2時33分配信 毎日新聞)


 千葉県八千代市の私立秀明八千代中学・高校で、英語担当の教師が、授業中に生徒が解答ミスを重ねると、人が首をつっている姿を連想させる絵を黒板に描いていたことが、複数の生徒や卒業生の証言で分かった。同校では08年に校内で生徒が首つり自殺しているが、その後も続いていたという。亡くなった生徒の両親は「こうした指導は問題だ」と憤っている。【伊藤一郎】

 複数の生徒や卒業生の証言によると、英語を受け持つ外国人教師は、生徒が質問に答えられなかったり、間違った解答をした際、黒板に線や円を1本ずつ描き、ミスが続くと首つりを連想させる絵を完成させる行為を少なくとも07年から続けていた。

 ◇遺品の教材プリントにも

 一方、08年11月に校庭の木に首をつって自殺した中学3年の男子生徒(当時15歳)の両親によると、遺品である教材のプリントにも首つりを連想させる絵が描かれていた。通夜の際に両親が友人に見せたところ「英語の授業で先生が描いていた絵に似ている」と話したという。

 卒業生の一人は「ゲーム感覚のブラックジョークと受け止めて問題ないと考えていたが、自殺者が出たことを考えると好ましいことではなかったと思う」と語った。別の生徒は「(生徒が自殺した後の)09年も行われていた」と話した。

 自殺の動機は不明で、教師の絵や学校側の指導との因果関係も分かっていないが、両親は生徒が学校に提出した学習記録に「自殺サイトにいる人たちと話がはずむ」と記載していたのに、学校側が適切な対応をしなかったとして、約8400万円の賠償を求める訴訟を千葉地裁に起こしている。

 両親は「冗談だとしても教育現場でこうした指導が行われていること自体が問題だと思う。息子の自殺後も続いていたとしたらショックだ」と話した。

 取材に対し、同校は代理人弁護士を通じて「訴訟に関連することでもあり回答を控えたい」とした。


-------------------------------------------------------------


過分照顧失自理能力 小六港孩不懂洗頭 (2010年 07月 20日 am730)

繼「港女」、「港男」後,社會上又再出現一批「港孩」,就是一群被寵壞、極需要別人保護,甚至欠缺自理能力的新一代孩子。這群生於相對富裕環境的孩子,起居飲食均有父母或傭人代勞,嬌生慣養,最終令小六生不懂綁鞋帶、中一生不懂洗頭等。有專家認為,這與家長對子女過度照顧及緊張有關,最終影響孩子的自信心及自我形象。


「港孩」意指90年代中至2000年初,生於富裕而資訊爆炸的香港孩子,被父母及傭人寵壞、無法適應新事物,並且自理能力低、情緒智商低、抗逆能力低的新一代孩子。臨床心理學家鄒凱詩稱,在其求診個案中,約有三分一孩子屬於「港孩」,反映問題愈趨嚴重。現今家長對子女過度照顧,孩子自小就有家傭陪伴左右,不少父母以為不懂洗澡、綁鞋帶屬小事,總有人可以代勞,最重要是小孩未來的成功、「賺到錢」,因而寧要他們學多國語言、多才多藝,但基本生活卻一竅不通。


曾接觸一名小六男生,其家長寧願兒子學懂法文,故一切生活細節均有家長及家傭代勞,算是「飯來張口」,又不懂綁鞋帶,父母只為他買黏貼鞋;校服需打領呔,父親便每朝準備好,再套在其頸項上,問他若在學校領呔鬆了怎辦,他稱:「學校總有同學識啩,唔識咪搵老師(幫手)囉!」而且他不懂洗頭,每次均由父親幫手,問他父親不在家怎辦,他稱:「唔洗頭囉!」


過分照顧易患情緒病


鄒凱詩又稱,「小學操場唔俾跑、中學唔俾出去食飯、屋企唔准入廚房」,令孩子變成「籠中鳥」,一切有老師或家長協助,故容易因小事而情緒崩潰,引發情緒病,令自殺率上升。她又曾接觸一名30歲男子,並非獨生子,但從小就獲母親悉心照顧,由安排學校,甚至畢業後選擇工作均有母親代勞,當他上班後,有同事評論其服飾時,他便會「返屋企話俾阿媽知唔開心」,之後證實他患有焦慮症。


香港持續培訓中心兒童培訓高級總監梁鍾秀惠指,家長給予孩子適當的期望及要求時,也要他們多些學習自理的經驗及機會,幫助他們提升自理能力。她又建議家長,除了教孩子用正確的態度面對成敗得失,也應檢討失敗,從中改善,鍛鍊出孩子的鬥志及信心。而且4至6歲是小朋友的心智成長關鍵期,若能在此階段加以培育,對小朋友日後的成長有莫大幫助。





つづきを表示

スポンサーサイト

赤西、KAT-TUN脱退へ!社長が断言 (7月17日7時52分配信 サンケイスポーツ)

 米国でソロ活動中のKAT-TUN、赤西仁(26)が正式にグループを脱退し、ソロ活動に移行することが16日、分かった。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が明らかにした。今秋、赤西が全米7都市で行うソロツアーを見た上で最終判断するが、喜多川社長は「彼については米国で成功することしか考えていない。グループに戻ることは現時点ではない」と断言した。

 赤西を“独り立ち”させる-。米国での成功を夢見て単身修業中の若武者に対し、喜多川社長がついに断を下した。

 6月19、20日にロサンゼルスで念願のソロ公演を実現させ、9、10月にはニューヨーク、ラスベガスなど7都市でもコンサートが決まった赤西。

 一方で彼が不在のままKAT-TUNが16日、東京ドームでアジアツアーをスタートさせた。同所に姿を見せた喜多川社長は報道陣に、来年も赤西が米国でソロ活動を計画していることを明言。

 その上で「今は米国で成功させることしか考えていない。KAT-TUNを引きずっていてはファンにも申し訳ない」と語り、今秋の全米公演を見極めた上で、正式に脱退させる意向を示した。

 続けて「米国で失敗したらKAT-TUNに帰っておいでなんて甘いことを言ってはダメ。 『かわいい子には旅をさせよ』ではないが、好きな道を思い切りやらさせるしかない」。退路を断ち夢に向かわせる親心だ。

 赤西には、2006年10月に語学留学のためグループを離れてロスへ渡り、07年4月にKAT-TUNに戻った過去がある。喜多川社長は「同じようなことは世間(ファン)も許さないだろう」と、ファン感情も考慮の上で決断したようだ。

 KAT-TUNの解散については「ない」と明言し、6人の頭文字から名付けたグループ名の「A」が抜けることには「KA」を亀梨和也(24)の「カ」と解釈して存続させるという。

 01年に結成し、06年メジャーデビューしたグループは、人気メンバーの脱退という新たな局面を迎えるが、喜多川社長は「(赤西不在でも5人は)快く受けて、よくやっている」と評価した。

 同社長は青春時代を過ごした米国でエンターテインメント業界に触れ、事務所設立後もマイケル・ジャクソンさんらと交流を持つなど特別な思い入れがある。「赤西が米国で成功してくれたら、こんなにうれしいことはない」。今後も米修業を続ける赤西を全面サポートする。

---------------------------------------------------

赤西、KAT―TUN脱退へ!亀梨「解散はまずない」存続明言 (7月17日8時0分配信 スポーツ報知)

 ジャニーズ事務所の人気6人組グループ「KAT―TUN」の赤西仁(26)が、今年9~10月に米7都市で予定しているソロツアー終了後、グループを脱退することが16日、分かった。所属事務所のジャニー喜多川社長が明らかにした。赤西以外の5人はこの日、東京ドームでコンサートを開催。亀梨和也(24)は「解散はまずないので安心して」と赤西脱退後のグループ存続を明言した。

 赤西がついにKAT―TUNを脱退する。この日、東京ドームを訪れたジャニー社長は、赤西の処遇について「合流する予定はないが『戻りたい』と言っても、他の5人が心情的には許せないだろうし、2度目は世間も許さないと思う」と言い、脱退させる方針を明かした。「ソロツアーを見届けた上で結論を出したい」とし、秋にも正式に発表されることになりそうだ。

 KAT―TUNは5月2日から全国ツアーを行ってきたが、赤西は「海外で挑戦したい」という意思を通し、グループを離脱して渡米。先月、ロサンゼルスで初のソロ公演を行い、9~10月には全米7都市を回るクラブツアーを決めた。2006年10月から約半年間、米国への語学留学のためグループを離れていた過去があり、「いつ戻ってきてもいい、というのは1回で終わり」と同社長。また、今後のKAT―TUNの活動については「いないと思って準備していかないといけない」と、印刷物などの資料からも「赤西」の名前を消していくことを明かした。

 ジャニーズジュニア時代から6人を手塩に掛けてきた同社長にとっては、苦渋の決断だった。「決してけんかしたりする連中ではない。仲がいいだけに自由奔放。彼(赤西)と5人は生きる方法が違う。両方に対する親心があるから」と複雑な心境をにじませた。

 亀梨はこの日、公演前の会見で「連絡は来てないです。日本にいるんですか?」と、赤西と音信不通であることを明かした。赤西不在のツアーについては「無理して止めて『KAT―TUNやろうよ』っていうのもおかしいし。2度目なのでダメージは薄いですよ」と冷静。「うわさが先行してるけど、解散とかはまずないので安心して。KAT―TUNを大きくするのが使命だし、夢でもあるので」と、5人での再出発に力を込めた。

 今後、赤西はソロアーティストとしてジャニーズ事務所に所属することになり、「今も毎日のように僕のところに相談に来る」と同社長。「世界でやってみなよ、という気持ちです」と変わらぬバックアップを約束した。

 ▽ツアー初日 KAT―TUNはこの日、東京、ソウル、大阪、台北の4か所を回るワールドツアー(10公演36万人を動員)の初日公演を行った。巨大セットや本物の馬に乗るなど、ド派手な演出でヒット曲「RealFace」、新曲「Going!」など33曲を披露したが、ステージ上で赤西についてコメントはしなかった。また、上田竜也(26)が8月4日からソロツアー(5か所7公演)を行うことも発表した。

 ◆赤西のこれまで◆
▽06年3月22日 KAT―TUNのメンバーとして「Real Face」でデビュー。
▽10月12日 語学留学のため芸能活動の無期限休止を発表。
▽07年4月19日 米ロサンゼルスから帰国。
▽4月20日 復帰会見を行い「混乱を招いて申し訳ない」と謝罪。
▽10年2月7~28日 日生劇場でソロライブを開催。
▽3月24日 米ソロ公演を発表。
▽6月20、21日 ロサンゼルスでソロ公演を行い、9~10月に7都市クラブツアーを発表。

 ◆KAT―TUN(カトゥーン)亀梨和也、赤西仁、田中聖、田口淳之介、上田竜也、中丸雄一の6人で2001年に結成。グループ名はメンバーの頭文字から。デビュー直前の06年3月17日に東京ドームでコンサートを行い、同22日発売のデビューシングル「Real Face」がミリオンヒット。昨年は東京ドーム10公演を行った。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。