KARi'S ME!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お父さんお母さんの懐かし結婚式写真」

お父さんお母さんの結婚式写真は「カメラ日和」に掲載された。



「最近本棚を整理したとき、お母さんの結婚式写真を見つけた。

いつも素顔で、この笑顔を29年続けている。



1981年11月。


翌年にお兄ちゃん、

6年後に私が産まれた。」って書いた。


これはお母さんへのバースディギフトとしてあげたいと思う。




圖像0074

スポンサーサイト

愛は...

















親孝行

篠原涼子、父死去…最後に花嫁姿見せられた


女優、篠原涼子(37)の実父、篠原勝雄さん(71)が17日午後4時ごろ、肝臓疾患のため死去したことが19日、分かった。

 複数の関係者の話を総合すると、篠原の実家近くの群馬・桐生典礼会館で18日に通夜、19日に告別式が近親者のみの密葬で営まれ、約200人が故人をしのんだ。

 喪主は篠原の兄、学さんが務め、篠原は長男(2)を連れて参列。最愛の父との別れに、憔悴しきった表情で涙を流していたという。舞台に出演中の夫で俳優、市村正親(61)は訃報を受けた17日夜に訪れ、焼香を済ませた後、翌朝、東京にとんぼ返りした。

 勝雄さんは数年前から肝臓を患い、最近は入退院を繰り返すなど病状が悪化。篠原が東京の病院に入院させたこともあったという。

 約2週間前に勝雄さんが再入院した際、篠原は父にウエディングドレス姿を見せるための食事会を市村と企画。2005年12月の入籍後も披露宴を行わなかったが、2歳のときに交通事故で母を亡くし、男手ひとつで育ててくれた父を喜ばすため、大安の今月14日、親族ら約50人を集めて群馬・太田市内の結婚式場で極秘に開催した。

 勝雄さんは一時退院し、車いすで会場入り。桂由美さんデザインの花嫁衣装を身につけた篠原の姿に、涙を流して喜んだという。その3日後、息を引き取り、花嫁姿は最後の親孝行となった。


============================

總算趕得及時...




『親孝行したい時には親はなし』




と言うことわざがある、





親孝行をしたい時は、

元気なうちにしなさい。


元気

大人は何かしてはくれない
何も教えてはくれないよ
いま おまえはおまえの目で
この世界を見るしかない

もしその目がつぶれたなら
耳を澄ませばいい
鳥のさえずり
木々のざわめき
地下鉄や車のノイズ
ビルの間を吹き抜けて行く風の音を

その耳をうばわれたら
まだ手のひらがある
手のひらで世界を感じて
いや 世界なんていらない

あなただけそばにいてくれたら
それだけでいい
手のひらで指の先で
あなたの頬にふれたい

ああ 夢の中でも
あなたに会いたい
どんな言葉より その気持ちを
信じられるのが おまえの希望

ああ 負けそうにもなる
へこたれそうになる
元気出せよ ほら
元気 元気を
おまえの声で 歌いだせ

この世界はおまえのものだ
おまえだけのものだ

細部



細部を楽しむ、







小説も、

人生も。

四月物語

最近生活得有點苦悶,在工作上得不到快感,


唯一能自我釋懷的就是
躲避在房中看一齣電視,進入夢工場。



想看愛情片,但非於韓式的苦情,美式的調情,

想找一些浪漫的,純美的,
就一定是岩井俊二。



「岩井俊二は少女である。 」






最後選擇了「四月物語」,
故事簡潔,只是一個少女的單戀情懷,
片長頗短,沒有概定的起承轉合,
但只需要視為一場相片展覽,
構圖唯美,
背景音樂動人,




很想親身看看


4月的桜吹雪,
12年前的武蔵野。

キッチン

擱置下的《キッチン》,今天終於完成了。

沒了清水老師的伴讀講解,雖大致上明白,但少了「細部を楽しむ」。



故事是淡淡的 (除了當中えり子さん的身份小衝擊),
即使主角的身世有多可憐,但她都沒有太大的感情起伏。
作者的修辭也是樸實的,但十分細膩,尤其喜歡她對流淚的描寫,



とめどない熱い涙をこぼしながら、わたしは祖母がしんでからあんまりちゃんと泣いてなかったことを思う出した。

なにが悲しいのでもなく、わたしはいろんなことにただ涙したかった気がした。





なにが悲しいのでもなく、わたしはいろんなことにただ涙したかった気がした。


以為自己接受了,以為自己看開了,
但當安靜下來時,淚水不自覺的流下,
是傷痛?
是無奈?



泣いたことでずいぶん軽くなって、心地良い眠りが訪れた。

流乾了就去睡吧。
尋找沒有憂傷的國度。




到尾段,主角みかげ跟えり子さん的對話中,


それでも黄昏の西日に包まれて、この人は細い手で草木に水をやっている。
透明な水の流れに、虹の輪ができそうな輝く甘い光の中で。


日本電影中常見的柔和陽光立時在腦海浮起。








いつか別々の所でここをなつかしく思うのだろうか。




是主角最後的心聲,


也是我對甲府的思念。

Hope





People change









kind of sad,

but there is also HOPE.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。