KARi'S ME!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチン

擱置下的《キッチン》,今天終於完成了。

沒了清水老師的伴讀講解,雖大致上明白,但少了「細部を楽しむ」。



故事是淡淡的 (除了當中えり子さん的身份小衝擊),
即使主角的身世有多可憐,但她都沒有太大的感情起伏。
作者的修辭也是樸實的,但十分細膩,尤其喜歡她對流淚的描寫,



とめどない熱い涙をこぼしながら、わたしは祖母がしんでからあんまりちゃんと泣いてなかったことを思う出した。

なにが悲しいのでもなく、わたしはいろんなことにただ涙したかった気がした。





なにが悲しいのでもなく、わたしはいろんなことにただ涙したかった気がした。


以為自己接受了,以為自己看開了,
但當安靜下來時,淚水不自覺的流下,
是傷痛?
是無奈?



泣いたことでずいぶん軽くなって、心地良い眠りが訪れた。

流乾了就去睡吧。
尋找沒有憂傷的國度。




到尾段,主角みかげ跟えり子さん的對話中,


それでも黄昏の西日に包まれて、この人は細い手で草木に水をやっている。
透明な水の流れに、虹の輪ができそうな輝く甘い光の中で。


日本電影中常見的柔和陽光立時在腦海浮起。








いつか別々の所でここをなつかしく思うのだろうか。




是主角最後的心聲,


也是我對甲府的思念。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。