KARi'S ME!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅森

對於十五歲的他,一個就連最簡單的人生模式都搞不清楚的少年來說,


這條魚很空洞,
沒有思想、沒有動機,

只曉得從水箱的這一邊游到另一邊。


談不上有生命,

只是活著 ------


一直到殺戮的那一刻。



在這個時刻,

唯有這個時刻,


這條魚才會像是有生命的、

殘忍的怪獸。




每週有一兩次,

牠會吃膩了孩子們丟進水箱的小海蝦,

轉而盯上一條魚,



一條小魚。






--- 《哭泣的樹》(The Crying Tree)
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。